シリーズ サンボラムの昼食③

「そば汁(メミルクッス)とカレイの煮付け」
「そば」は日本食のイメージがありますが、韓国では、そもそも麺と言えば「そば粉」を使ったもので、冷麺も温麺もそば粉の麺だったようです。
その名残が「平壌冷麺」です。また東京の調布市にある深大寺は「深大寺そば」で有名なのですが、そのそばは、古代に朝鮮半島からやってきた渡来人によって
もたらされたものであるとのことです。日本と朝鮮半島の深い繋がりがうかがえます。
さてサンボラム風の「そば汁」は、調理員さんが打った太平麺で食べ応えがあります。更にこの日は、主菜が「カレイの煮付け」。
甘辛く煮付けたカレイは脂がのっていて大変美味しかったです。

関連記事

  1. シリーズ サンボラムの昼食⑤

  2. シリーズ サンボラムの昼食⑦

  3. サンボラムの昼食⑲

  4. 中秋の名月 韓国の秋夕

  5. シリーズ サンボラムの昼食⑥

  6. サンボラムの昼食㉑

PAGE TOP