シリーズ サンボラムの昼食⑨

「お誕生日メニュー」
本日(9/28)は利用者様のお誕生日会を開催しました。お誕生日会の日は特別に「お誕生日メニュー」を昼食時に提供しています。韓国・朝鮮では、誕生日には「わかめのスープ」と「チャプチェ」が定番です。「わかめスープ」は栄養価が高いため、韓国・朝鮮では産後の女性が1ヶ月間、毎日食べるそうです。そのことに由来し、誕生日に「わかめスープ」を食べるのは、自分を生んでくれた母親に感謝する意味と母親が子どもを産んだときの喜びを思いだすという意味があるそうです。「チャプチェ」には由来はないそうですが、非常に手間がかかる料理なので、特別な日にだけ作られることから誕生日食になったそうです。さらに「蒸し豚」もお祝いにはかかせない料理ですが、由来はわかりません(^^;)。ただ、韓国の済州道は豚肉が美味しく、ご馳走でしたので、お祝いには欠かせない料理になったのかなと思ってます。済州の結婚式やお祭りで、豚の丸焼きをよく見かけますし。由来をご存じの方がおられましたらお教えください(^_^)。

関連記事

  1. シリーズ サンボラムの昼食①

  2. サンボラムの昼食⑬

  3. サンボラムの昼食⑯

  4. サンボラムの昼食⑰

  5. サンボラムの昼食㉔

  6. サンボラムの昼食⑭

PAGE TOP